Q&A外国人参政権問題の基礎知識

書誌事項

Q&A外国人参政権問題の基礎知識

近藤敦著

(明石ブックレット, 12)

明石書店, 2001.5

タイトル読み

Q&A ガイコクジン サンセイケン モンダイ ノ キソ チシキ

大学図書館所蔵 件 / 94

内容説明・目次

内容説明

外国人の参政権については、これまで憲法学者、政治学者、社会学者がそれぞれの学問領域から研究している。最近では、政治家や各種の評論家がこの問題を論じはじめ、さまざまなフォーラムを通じて多くの市民がこの問題の是非を討議している。本書では、最近、尋ねられることの多い疑問に対して、まとまった回答を試みる。不正確な思いこみに基づく意見や情報に対しては、客観的な意見や情報を対置させながら、賛成論の立場と反対論の立場の論理的に入り組んだ問題を、わかりやすく解説。

目次

  • 最高裁は、永住外国人の地方選挙権を認めているのですか?
  • 参政権は国民固有の権利だから、外国人には認められないのではないですか?
  • 特別永住者に対象を限定すべきではないでしょうか?
  • 永住外国人以外にも対象を広げるべきではないでしょうか?
  • 自治体ごとの判断で決めればよいのではないですか?
  • 在日外国人団体の中にも反対している意見があるのではないですか?
  • 外国人参政権は、移民受け入れを奨励するためのサービスではないのですか?
  • 外国人参政権は、亡国への第一歩ではないのでしょうか?
  • ヨーロッパと日本とは事情が違うのではないでしょうか?
  • 国民主権原理から、外国人の地方選挙権は認められないのではないですか?〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ