“放射能"は怖いのか : 放射線生物学の基礎

書誌事項

“放射能"は怖いのか : 放射線生物学の基礎

佐藤満彦著

(文春新書, 177)

文藝春秋, 2001.6

タイトル読み

ホウシャノウ ワ コワイ ノカ : ホウシャセン セイブツガク ノ キソ

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

参考図書:p238

内容説明・目次

内容説明

放射能は恐怖の代名詞。しかし、「その何が怖いのか」と問われて、きちんと説明できる人は多くはない。放射能は放射線を発する能力なのに、よく「放射能が漏れる」といった誤った使い方がされるのも、こうした無理解と無縁ではなかろう。本書は、放射能の実体である放射線が生物にどんな影響を与えるのか、放射線生物学の最新の知見を紹介し、微量ならば肯定的に作用しうることも明らかにする。

目次

  • “放射能”という言葉
  • 人類と放射線のつき合い
  • 放射線と放射線源
  • 生物面の基礎知識
  • 放射線障害のあらまし
  • 身の周りの放射線
  • 暴発する放射線
  • ヒト以外の生物では
  • 障害が現れるしくみ
  • 障害の克服
  • 低線量放射線の刺激効果
  • 放射線の恐がり方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52396382
  • ISBN
    • 4166601776
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ