書誌事項

都市大坂と非人

塚田孝著

(日本史リブレット, 40)

山川出版社, 2001.11

タイトル読み

トシ オオサカ ト ヒニン

大学図書館所蔵 件 / 200

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

江戸時代は「村と百姓の時代」であるとともに、「都市の時代」でもあった。その都市の発展は、非人と呼ばれる人びとをも生み出していった。巨大都市大坂では、はたしてどのようにして非人集団が形成されていったのだろうか。また乞食=貧人として生み出された彼らは時代とともに大きな変容を遂げていく。それはどのような理由でどのように変わっていったのだろうか。非人と呼ばれた人びとの実態に目を凝らしつつ、近世の都市社会の特質に迫る。

目次

  • 「都市の時代」と非人
  • 四ヶ所垣外の成立と垣外仲間
  • 垣外仲間の周縁
  • 身分内法と垣外仲間の構造
  • 非人の御用
  • 非人の勧進
  • 近世社会と大阪の非人の特質
  • 身分的周縁の視点

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA54327620
  • ISBN
    • 9784634544000
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    96p, 図版1枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ