「不可触民」と教育 : インド・ガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと

書誌事項

「不可触民」と教育 : インド・ガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと

大橋正明著

(世界人権問題叢書, 42)

明石書店, 2001.11

タイトル別名

不可触民と教育 : インドガンディー主義の農地改革とブイヤーンの人びと

タイトル読み

フカショクミン ト キョウイク : インド ・ ガンディー シュギ ノ ノウチ カイカク ト ブイヤーン ノ ヒトビト

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

章末: 参考文献

内容説明・目次

内容説明

本書は、インド独立の父と呼ばれるマハートマー・ガンディーが提唱したサルボーダヤ運動から生まれた、ビハール州のボードガヤーにある農村開発と教育を手がけるインドのNGO「サマンバヤ・アーシュラム」が提供するサービス、特に教育が、かつて「不可触民」と呼ばれていたカーストの子どもたちの半生に、どのようなインパクトをもたらしたかを追求したものである。

目次

  • 第1章 ブイヤーン:取り残された、声なき人々
  • 第2章 サルボーダヤ運動、ブーダーン運動、そしてサマンバヤ・アーシュラム
  • 第3章 「不可触民」の子どもたちの学校バグハー・スクール
  • 第4章 卒業生たちの四半世紀
  • 第5章 バグハー・スクールの第一期生から第三期生の現況リスト

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ