ホラティウス人と作品

書誌事項

ホラティウス人と作品

鈴木一郎著

玉川大学出版部, 2001.12

タイトル別名

Quintus Horatius Flaccus

ホラティウス : 人と作品

タイトル読み

ホラティウス ヒト ト サクヒン

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

ホラティウス年表: p194-198

ホラティウス作品一覧表: p199-208

内容説明・目次

内容説明

散文のキケロとカエサル、詩文のヴェルギリウスとホラティウスが活躍したラテン文学の黄金時代。新生ローマを喜びと誇りをこめて、ホラティウスは躍動感と瑞々しさで自然な発露を歌う。人生と歴史と世界に対する深い洞察、高い倫理性と真面目な態度を精一杯生ききった詩人の生涯。

目次

  • 第1部 詩人の青少年時代と共和制末期のローマ(誕生からフィリッピの戦まで(前65‐前42);フィリッピの戦からナウロクスの海戦まで(前42‐前31);ナウロクスの海戦からアントニウスとクレオパトラの死まで(前36‐前30))
  • 第2部 アクティウムの海戦以後(ローマ百年祭まで(前31‐前17);「ローマ百年祭」と晩年のホラティウス(前20‐前17))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ