書誌事項

天台仏教と平安朝文人

後藤昭雄著

(歴史文化ライブラリー, 133)

吉川弘文館, 2002.1

タイトル読み

テンダイ ブッキョウ ト ヘイアンチョウ ブンジン

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

参考文献: p223-225

内容説明・目次

内容説明

平安時代には仮名文学より価値のあるものとされ、仏教との関わりも深かった漢文学、漢詩文の作者でもあった最澄・良源ら天台僧たちと文人との交流を鮮やかに描き出す。興趣あふれる平安朝漢文学の世界へ誘う入門書。

目次

  • 漢詩文と仏教—プロローグ
  • 最澄
  • 円珍
  • 良源
  • 橘在列=尊敬—出家した文人(一)
  • 慶滋保胤=寂心—出家した文人(二)
  • 性空
  • 勧学会

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ