国際刑事裁判所の理念

書誌事項

国際刑事裁判所の理念

安藤泰子著

成文堂, 2002.1

タイトル読み

コクサイ ケイジ サイバンショ ノ リネン

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

学位論文「国際刑事裁判所とその理念」を三分の二程度にまとめたもの

外国・日本文献一覧: 巻末p1-62

内容説明・目次

内容説明

本書は、著者の学位論文「国際刑事裁判所とその理念」を三分の二程にまとめたものである。国際刑事裁判所設立の意義、その必要性、そこに引き継がれてきた系譜などを説くとともに、国際刑事裁判所の指導原理が如何なるものであるか、一連の叙述を通してこれらを明らかにする。

目次

  • 第1章 戦争観の史的展開と処罰観の発展(戦争法思想の模索;ベルサイユ条約以降の戦争観と個人処罰観 ほか)
  • 第2章 人道に対する罪の今日的展開(人道に対する罪;主な人道法 ほか)
  • 第3章 国際刑事裁判所と平和に対する罪(国際刑事裁判所設立の経緯;ローマ会議における国際刑事裁判所規程に関する主要論点 ほか)
  • 第4章 国際刑事裁判所の管轄権の本質(主権概念の変容と共通利益概念;刑事管轄権の拡大 ほか)
  • 第5章 国際刑事裁判所の理念(「ローマ会議における各国の『侵略の罪』に対する見解」からの考察;ニュルンベルク原則 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA5552953X
  • ISBN
    • 4792315751
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 422, 62p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ