書誌事項

西田幾多郎の思想

小坂国継 [著]

(講談社学術文庫, [1544])

講談社, 2002.5

タイトル読み

ニシダ キタロウ ノ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

西田幾多郎年譜: p373-379

NHKラジオ講座「こころをよむ」 (平成12年10月-平成13年3月放送) のテキストとして書かれた「西田幾多郎の思想 : 二十一世紀をどう生きるか」に補筆・訂正を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

日本最初の哲学書といわれる『善の研究』の執筆者で近代日本を代表する哲学者、西田幾多郎。強靱な思索力で意識を深く掘りさげ、心の最深部にある真実の心は何かを探究し、独自の哲学大系を構築した。西田哲学とは実際どのようなものなのか。本書は、求道者西田の思索における悪戦苦闘の跡を辿り、その思想の特色と現代的意義を分かりやすく紹介する。

目次

  • 西田幾多郎—人と思想
  • 西田哲学の性格(二元論の否定;無の思想;否定の論理)
  • 近代日本の哲学と『善の研究』
  • 「純粋経験」とは何か
  • 西田幾多郎とW ジェイムズ
  • 『善の研究』の宗教思想
  • 「自覚」とは何か
  • 「場所」とは何か
  • 西田幾多郎とヘーゲル
  • 「絶対無の自覚」とは何か〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56775520
  • ISBN
    • 9784061595446
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    379p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ