書誌事項

ひきこもり

高木俊介編

(メンタルヘルス・ライブラリー, 7)

批評社, 2002.6

タイトル読み

ヒキコモリ

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

文献: 章末

内容説明・目次

目次

  • 座談会「ひきこもり」からみえてくる医療と社会
  • ひきこもりと小さな思想
  • ひきこもりは人格障害の一症状か?
  • コミュニケーションからみたひきこもり—保健所精神保健福祉相談の経験から
  • 「ひきこもり」の支援—多くの社会資源が連携した支援システムの一員としての精神科医の役割
  • 「ひきこもり」と漱石の視点
  • 近代市民社会と精神医療の共犯関係—幻のブレイン・ポリスは誰だ!
  • 一カウンセラーの「ひきこもり」とのつきあい—登校拒否の「ひきこもり」から新しい意匠の「ひきこもり」への個人史
  • ひきこもりと小さな思想…C氏との対話編

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ