精神科にできること : 脳の医学, 心の治療

書誌事項

精神科にできること : 脳の医学, 心の治療

野村総一郎著

(講談社現代新書, 1625)

講談社, 2002.9

タイトル読み

セイシンカ ニ デキルコト : ノウ ノ イガク ココロ ノ チリョウ

大学図書館所蔵 件 / 242

注記

参考文献: p218

内容説明・目次

内容説明

脳のしくみが徐々に解明され、治療薬の開発が進み、診断機器も発達した。いま、精神科の力は確実に向上している。薬は有効か?カウンセリングは?第一線の医師が解説する。

目次

  • 第1章 精神障害とは何なのか(精神障害イメージの矛盾;人類は精神障害をどう考えてきたか—神話の中の精神障害 ほか)
  • 第2章 精神科の診断を巡って(異常と正常;精神科診断の問題点 ほか)
  • 第3章 精神科の病気(統合失調症;うつ病(気分障害) ほか)
  • 第4章 精神科にどうかかる(日本の精神科はどんなレベルか;民間の精神病院が多い理由 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA58696119
  • ISBN
    • 4061496255
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    218p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ