書誌事項

荘子=超俗の境へ

蜂屋邦夫著

(講談社選書メチエ, 252)

講談社, 2002.10

タイトル別名

荘子(そうじ)=超俗の境(きょう)へ

荘子=超俗の境へ

タイトル読み

ソウジ チョウゾク ノ キョウ エ

大学図書館所蔵 件 / 117

内容説明・目次

内容説明

人間社会を悠々と俯瞰する巨鳥「大鵬」がいる。貧窮の中に生き生きと暮らし、反権力を貫く賢者がいる。濁流の上を平然と泳ぐ達人もいる—。世俗を脱しきれない我々人間に、二千数百年の時を超えて驚きと感動を与え続ける「荘子」の思想の核心とは。天地自然の「道」を説く「大いなる智慧」に迫る。

目次

  • 第1章 大鵬の寓話—世俗世界の超越
  • 第2章 荘子の生涯—清貧自適の人生
  • 第3章 荘子の思想形成—恵子との問答
  • 第4章 荘子思想の核心—斉物の理論
  • 第5章 道の体得—達人たちの世界
  • 第6章 荘子の死生観—生死の超越

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59074089
  • ISBN
    • 406258252X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    230p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ