光の物理 : 光はなぜ屈折、反射、散乱するのか

書誌事項

光の物理 : 光はなぜ屈折、反射、散乱するのか

小林浩一著

東京大学出版会, 2002.11

タイトル別名

Physics of light : why is light refracted, reflected and scattered?

光の物理 : 光はなぜ屈折反射散乱するのか

タイトル読み

ヒカリ ノ ブツリ : ヒカリ ワ ナゼ クッセツ、 ハンシャ、 サンラン スル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 253

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

本書は、光がなぜ屈折、反射、散乱するのかという理由を述べようとするものである。大学の低学年で習う程度の初等物理学の知識のもとに出発し、そのときどきに応じて必要な知識を増やしながら、一筋の議論の道をたどり、最後に、その理由に到達させる。

目次

  • 1 光の法則
  • 2 光とはなにか
  • 3 原子はどのようにできているのか
  • 4 原子に光があたればなにが起きるか
  • 5 線状結晶からの2次光
  • 6 面状結晶からの2次光
  • 7 結晶を透過する光と光の屈折、吸収
  • 8 結晶からの光の反射
  • 9 物質からの光の散乱
  • 10 光に照らされた微粒子はどのように見えるか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59528040
  • ISBN
    • 4130626051
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 189p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ