イラクとパレスチナ : アメリカの戦略

書誌事項

イラクとパレスチナ : アメリカの戦略

田中宇著

(光文社新書, 079)

光文社, 2003.1

タイトル別名

イラクとパレスチナアメリカの戦略

タイトル読み

イラク ト パレスチナ : アメリカ ノ センリャク

大学図書館所蔵 件 / 80

内容説明・目次

内容説明

911事件後頻発するテロ。イラク、パレスチナをめぐる一触即発の緊張状態。そして右に左に揺れ動くアメリカの戦略。いったい世界はどうなろうとしているのか。そして日本は?中東で現地取材を重ねた著者が、現地から「新しい歴史の始まり」を読み解いた書。

目次

  • 第1章 イラクとアメリカの失われた十年
  • 第2章 裏切られたサウジアラビア
  • 第3章 パレスチナ問題の裏側
  • 第4章 西岸を歩く
  • 第5章 パレスチナ人移住計画
  • 第6章 文明の海苔弁当の地
  • 第7章 アラブ統一の夢は、いま
  • エピローグ 中東から日本を考える

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ