書誌事項

中世の天皇観

河内祥輔著

(日本史リブレット, 22)

山川出版社, 2003.1

タイトル読み

チュウセイ ノ テンノウカン

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

古代・中世の貴族や武士は、天皇をどのような存在とみなしていたのでしょうか。また、天皇自身は、どのような存在でありたいと考えていたのでしょうか。古代・中世の政治的事件のほとんどすべては、皇位継承問題が原因で起きたといっても過言ではありませんが、その背景にはこの時代の独特の天皇観がありました。その特徴はどこにあるのか、我々現代人の天皇観と対比しながら探ってみましょう。

目次

  • 1 「万世一系」の天皇イメージ
  • 2 『愚管抄』と『神皇正統記』
  • 3 正統(ショウトウ)の理念
  • 4 「正統」理念系図の見方
  • 5 「神国」と天皇
  • 6 皇位継承問題と天皇観

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA60512886
  • ISBN
    • 9784634542204
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    102p, 図版1枚
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ