英文法をこわす : 感覚による再構築

書誌事項

英文法をこわす : 感覚による再構築

大西泰斗著

(NHKブックス, 958)

日本放送出版協会, 2003.1

タイトル読み

エイブンポウ オ コワス : カンカク ニヨル サイコウチク

大学図書館所蔵 件 / 274

内容説明・目次

内容説明

英文法の規則や用法を丸暗記する必要はない。ネイティブの語感をじかに捉えること。theは「一つに決まる」ときに使われる。過去形は物理的時間の過去時を意味せず、「遠く離れたものを眺める視線」の中に存在する。現在完了形は過去の事態が眼前に広がる感触を示す。感覚からの見直しは、英語学習に効率と繊細と洞察をもたらす。動詞や冠詞、前置詞、時制などについて、その基本イメージから鮮やかに再構築する、文字どおり画期的な英文法論。

目次

  • 序章 回帰—機械から感覚へ、規則からイメージへ
  • 第1章 遍在—感覚は英語を覆う
  • 第2章 無機質—感覚の通わぬ世界
  • 第3章 虚構—日本語訳・規則・用法分類の絶望
  • 第4章 イメージの構築

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA60550557
  • ISBN
    • 9784140019580
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    231p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ