書誌事項

古代の歌と叙事文芸史

居駒永幸著

(明治大学人文科学研究所叢書)

笠間書院, 2003.3

タイトル読み

コダイ ノ ウタ ト ジョジ ブンゲイシ

大学図書館所蔵 件 / 109

内容説明・目次

内容説明

歌はその発生において叙事表現を様式とし、神話・物語の表現でもあった。歌謡性と物語性が重層する歌として記・紀歌謡を捉え、古代叙事歌の概念を確立。南島歌謡も視野に入れ、叙事歌の発生から記・紀の歌と散文の表現まで、古代の叙事文芸史を構築する野心的研究。第20回志田延義賞受賞。

目次

  • 1 記・紀歌謡の表現様式(歌謡の発生;歌謡・和歌における境界の場所;記・紀歌謡と宮廷歌曲)
  • 2 歌による物語の生成(歌謡と神話・物語;古事記の歌と物語の構造;記・紀の歌と歴史叙述)
  • 3 古代叙事歌の成立(歌の叙事と物語叙述;叙事歌としての記・紀歌謡;古事記における歌と散文の表現空間)
  • 付論 南島歌謡の叙事歌

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ