日本古代宮都構造の研究

書誌事項

日本古代宮都構造の研究

小澤毅著

青木書店, 2003.5

タイトル別名

Palaces and capitals in ancient Japan : a study of their structure

タイトル読み

ニホン コダイ キュウト コウゾウ ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

学位請求論文 (広島大学 2002年10月提出) に補訂を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

考古学と文献史学の最新成果をもとに、飛鳥諸宮・藤原京・平城京を詳細に比較検討し、古代国家形成の実相に迫る。

目次

  • 第1部 飛鳥諸宮の展開(伝承板蓋宮跡の発掘と飛鳥の諸宮;小墾田宮・飛鳥宮・嶋宮;飛鳥浄御原宮の構造 ほか)
  • 第2部 藤原京の成立とその様相(古代都市「藤原京」の成立;藤原京の造営と京域をめぐる諸問題;藤原京の条坊と寺院占地)
  • 第3部 平城京の構造(平城京の条坊と宅地;宮城の内側;平城宮中央区大極殿地域の建築平面)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ