セラピストのためのフォーカシング入門

書誌事項

セラピストのためのフォーカシング入門

日笠摩子著

金剛出版, 2003.5

タイトル別名

Focusing

フォーカシング入門 : セラピストのための

タイトル読み

セラピスト ノ タメ ノ フォーカシング ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

文献: p212-215

内容説明・目次

内容説明

セラピーの時間は、クライエントの生活においてはあまりにも短い。クライエントが面接室から離れ、普段の過酷さの中に戻るとき、セラピストは彼らにどういった援助ができるのだろうか?ユージン・T・ジェンドリンとカール・ロジャーズの知見から生まれたフォーカシングは、言葉以前の感情“フェルトセンス”をキーワードに、自分自身のこころのケアを促す方法の一つであり、セラピーの本質を考える上でも重要な要素の一つにもなっている。この「入門」は、そのフォーカシングを心理療法のプロセスの一つとして、いかにセラピストが用い、より効果的な心理援助をなしていくかを説いたものである。

目次

  • 第1章 フォーカシングとは
  • 第2章 傾聴と共感と体験過程
  • 第3章 あなたがあなたでいるために
  • 第4章 クライエントのフォーカシングを促す
  • 第5章 クライエントのフォーカシングがさらに進むために
  • 第6章 どんな技法もフォーカシング的に
  • 第7章 長い経過の中で見るフォーカシング指向心理療法—「自分とのつきあい方を学ぶ」
  • 第8章 フォーカシングをセラピーに生かす—基本姿勢と3つの方向

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62145720
  • ISBN
    • 4772407790
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ