書誌事項

ラーセン最新人体発生学

William J.Larsen著 ; 相川英三 [ほか] 監訳

西村書店, 2003.5

第2版, 学生版

タイトル別名

最新人体発生学

Human embryology

タイトル読み

ラーセン サイシン ジンタイ ハッセイガク

大学図書館所蔵 件 / 164

注記

原著第2版の翻訳

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 生殖子発生、受精、受精後第1週—生殖系列の起源、減数分裂、男性・女性の生殖子発生、月経周期、受精、卵割
  • 受精後第2週—二層性胚盤の発生と子宮、胎盤循環の確立
  • 受精後第3週—原腸形成、三層性胚盤形成、体節と神経管の初期発生
  • 受精後第4週—体節と神経系の分化・分節的発生と統合
  • 末梢神経系の発生—神経系の統合的発生、運動・知覚終末器官の神経支配
  • 胚子の造形運動—胚子の屈曲と、体腔・腸間膜の形成、胚の発生
  • 心臓の発生—原始心筒の形成と屈曲、心臓の部屋と弁の形成、刺激伝導系の発生
  • 血管系の発生—血管形成、大動脈弓および大動脈の発達、卵黄嚢、臍、主静脈系の発達、冠状動脈循環の発達、出生に伴なう循環系の発達
  • 消化管の発生—胃・肝臓・消化腺・脾臓の発生、腸間膜の構築、中腸の屈曲・回旋、排泄腔の中隔形成、肛門の形成
  • 泌尿生殖系の発生—頚部腎板、中腎・後腎、尿生殖管、生殖腺、生殖器の発生
  • 体肢の発生
  • 頭部・頸部・視聴覚器の発生

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62231006
  • ISBN
    • 4890133194
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xv, 468p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ