交感と表象 : ネイチャーライティングとは何か

書誌事項

交感と表象 : ネイチャーライティングとは何か

野田研一 [著]

松柏社, 2003.6

タイトル読み

コウカン ト ヒョウショウ : ネイチャー ライティング トワ ナニカ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

文献リスト: p261-263

主要参考文献: p264-276

内容説明・目次

内容説明

1990年代に本格化したネイチャーライティングという現象を、交感論と表象論の視点から読み解く本格批評、ついに単行本化!人間中心主義から環境中心主義へ—地球環境問題が迫るこの大転換は否応なく、自然をめぐるポストロマン主義の方位を指し示す。

目次

  • 1 自然をめぐる現在—交感(“交感”の意匠—エマソン、ソロー、アニー・ディラード;魔法の瞬間、あるいは“他者探し” ほか)
  • 2 ロマン主義のまなざし—表象(絶望の地理学—エミリー・ディキンスンの自然詩をめぐる一視角;“完全な視覚”を求めて—エマソンの眼球譚 ほか)
  • 3 表象を越える(表象と現存—現代ネイチャーライティングの方法的懐疑;自然から神話へ—ネイチャーライティングの問題域 ほか)
  • 4 ネイチャーライティングの方位(背後なき自然—ネイチャーライティングからの問い;研究の動向 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62259763
  • ISBN
    • 4775400444
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    286p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ