ワインが語るフランスの歴史

書誌事項

ワインが語るフランスの歴史

山本博著

白水社, 2003.7

タイトル読み

ワイン ガ カタル フランス ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 133

内容説明・目次

内容説明

読みながら味わう銘醸ワイン、味わいながら読むフランス史。「修道僧が造ったワイン」「ポンパドゥール夫人とシャトー・ラフィット」「ナポレオンとシャンベルタン」など歴史上に現われるワインにまつわる逸話の数々を紹介する。

目次

  • ソリュトレの丘の遺跡—石器時代の遺物が生みだすワイン
  • ギリシア植民市の誕生—ワイン文化発祥の地マルセイユ
  • ヴィクスの丘の青銅壷—はるばる運ばれたワイン
  • アレシアの悲劇—カエサルの兵糧とワイン
  • パクス・ロマーナ—ローマの平和とワインの普及
  • キリスト教の普及—聖マルタン伝説とトゥレーヌのワイン
  • クローヴィスの改宗—フランス王国の誕生とシャンパーニュ
  • ヨーロッパ統一の英雄王—カール大帝のワイン伝説
  • ヴェルダンの和約—ブルゴーニュの誕生
  • 聖ジャックの道、銀河—巡礼の道のワイン〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ