書誌事項

都市平泉の遺産

入間田宣夫著

(日本史リブレット, 18)

山川出版社, 2003.7

タイトル読み

トシ ヒライズミ ノ イサン

大学図書館所蔵 件 / 205

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

平泉は東日本随一の大都市でした。京都風のかわらけを用いた宴会が盛んに行われ、中国渡来の白磁や常滑・渥美焼の壷類が珍重されていました。大路には、牛車が行き交い、祭の行列が進んでいきます。中尊寺・毛越寺には浄土庭園が造営され、束稲山には満開の桜花が吉野山に負けない風情を誇っています。このような、列島の内外にわたる交易の展開によって醸成された国際色・宗教色あふれる都市生活の風景が、最近の発掘・調査によって、地下からよみがえってきたのです。世界的にみても貴重な都市遺産の発見です。それに中尊寺金色堂の輝きをあわせみれば、ますます、豊かなイメージがふくらんでくることでしょう。

目次

  • みちのくの京都か、鎌倉か
  • 1 平泉館・加羅御所・無量光院の三点セット
  • 2 毛越寺・観自在王院の辺り
  • 3 中尊寺造営の理念
  • 4 地下からよみがえる都市生活の風景
  • 5 都市近郊の暮し
  • 世界文化遺産登録をめざして

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ