華やぐ女たち : ロココからベルエポックの化粧とよそおい

書誌事項

華やぐ女たち : ロココからベルエポックの化粧とよそおい

津田紀代編著 ; 本田ハル子翻訳

ポーラ文化研究所, 2003.9

タイトル別名

Women in resplendence : make-up and fashion from the Rococo Era to the Belle Époque

華やぐ女たち : ロココからベルエポックの化粧とよそおい

タイトル読み

ハナヤグ オンナ タチ : ロココ カラ ベルエポック ノ ケショウ ト ヨソオイ

大学図書館所蔵 件 / 93

注記

掲載資料は、2003年9月25日からポーラ美術館の常設展示室で展示されたもの (9月27日より同館で開催の「ベル・エポック展」でも一部展示)

欧文タイトルは「英文解説」による

掲載資料一覧: p71

内容説明・目次

内容説明

ヨーロッパの化粧文化をとりあげ、18世紀のロココ様式の時代から20世紀はじめのベルエポックまでの約200年間について、資料を中心に紹介。

目次

  • ロココの絢爛たる化粧とよそおい—豪華さの極地としての18世紀(華美な化粧;極限に達した巨大モードと髪)
  • 19世紀の化粧とよそおい—フランス革命と価値観の転換(濃厚な化粧から色白第一主義へ;パニエ・ドレスからエンパイア・ドレスへ;か弱さの演出とロマンチック・ドレス;無鉛白粉の登場とクリノリン、バッスル・ドレス)
  • ベルエポックの化粧とよそおい—新芸術運動、アールヌーヴォーの影響(アールヌーヴォー・スタイルと化粧;コルセットからの解放;マーセル・ウエーヴとパーマネント・ウェーブ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63165993
  • ISBN
    • 4938547694
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    71p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ