北朝鮮をめぐる北東アジアの国際関係と日本

書誌事項

北朝鮮をめぐる北東アジアの国際関係と日本

平間洋一, 杉田米行編著

明石書店, 2003.9

タイトル読み

キタチョウセン オ メグル ホクトウ アジア ノ コクサイ カンケイ ト ニホン

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

北朝鮮問題に関する年表: p297-304

内容説明・目次

内容説明

核兵器開発をちらつかせて、金正日体制の国際的承認を得ようとする北朝鮮、この問題に日米韓中露の各国はどのように動くであろうか。また、北東アジアの安定に市民として何ができるのかを、11人の専門家が多様な視点から分析する。

目次

  • 第1章 日朝首脳会談の国際関係に与えた衝撃(北朝鮮の戦略から見た日朝首脳会談の意義;米朝「枠組み合意」の評価;こじれた関係の日朝国交正常化)
  • 第2章 日朝首脳会談と日米関係(米国の北朝鮮政策;人権と体制転換—米国の対北朝鮮政策)
  • 第3章 日朝関係の国内問題への波及(日朝関係における国家主義言説と市民概念;拉致問題の国内政治への影響;拉致報道が在日朝鮮人にもたらした衝撃;北朝鮮の核疑惑と日本の対応)
  • 第4章 歴史から見た北朝鮮をめぐる今後の展開(歴史と地政学から見た北東アジアの国際関係;ドイツ統一の教訓と朝鮮半島情勢の課題)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63408734
  • ISBN
    • 4750317667
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    309p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ