王朝歴史物語の生成と方法

書誌事項

王朝歴史物語の生成と方法

加藤静子著

風間書房, 2003.11

タイトル読み

オウチョウ レキシ モノガタリ ノ セイセイ ト ホウホウ

大学図書館所蔵 件 / 116

内容説明・目次

目次

  • 1 『栄花物語』歴史語りの位相(実在人物の提示と呼称—『枕草子』『紫式部日記』を介して『栄花物語』を読む;『栄花物語』における藤原道長をめぐる呼称 ほか)
  • 2 『大鏡』歴史語りの場と歴史の枠組(『大鏡』における“語り手”—雲林院菩提講に詣でた女性;『大鏡』歴史の枠組 ほか)
  • 3 『大鏡』の方法(「言約にして事詳か」—『大鏡』歴史語りの基盤;逸話の実体と『大鏡』の手法 ほか)
  • 4 『大鏡』諸本研究が拓く地平(校訂が付された東松本『大鏡』が示す本文状況;東松本『大鏡』と『今鏡』断簡・旧尾州家蔵『源氏物語』 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ