ケミルミネッセンス : 化学発光の基礎・応用事例

書誌事項

ケミルミネッセンス : 化学発光の基礎・応用事例

大澤善次郎著

丸善, 2003.12

タイトル別名

ケミルミネッセンス : 化学発光の基礎応用事例

タイトル読み

ケミルミネッセンス : カガク ハッコウ ノ キソ オウヨウ ジレイ

大学図書館所蔵 件 / 141

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

ケミルミネッセンス(化学発光)は、物質が化学反応を起こすときに反応に伴って光を出す現象である。これを利用した反応進行度の解析は、試料を破壊しない新しい分析手法として研究や製品化が進められ、今後さらに広い分野での利用が期待されている。本書では、ケミルミネッセンスの原理と応用例—反応機構の解析、化合物の劣化測定、食品成分の品質管理、生体組織の検査・研究(疾患、老化、製薬、遺伝子解析)など—を実測データをもとに解説する。ケミルミネッセンスのすべてがわかる格好の入門書である。

目次

  • 第1部 基礎(光の本性;いろいろな発光;ケミルミネッセンス;ケミルミネッセンスの測定装置)
  • 第2部 ケミルミネッセンスの応用事例(無機化学への応用;有機化学への応用;高分子化学への応用;食品化学への応用;生化学への応用;免疫測定法・イムノアッセイへの応用)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65048902
  • ISBN
    • 4621073494
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 196p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ