日本語のなりたち : 歴史と構造

書誌事項

日本語のなりたち : 歴史と構造

田中みどり著

ミネルヴァ書房, 2003.11

タイトル読み

ニホンゴ ノ ナリタチ : レキシ ト コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

日本語学・文学関連年表: p313-315

内容説明・目次

内容説明

格助詞「ガ」を軸に日本語の構造を解明。主語を表わさない、格助詞を表わさない、日本語の特徴は、古代語から現代語まで、変わってはいない。この後も、日本語は、さまざまなものを取り入れながら、この核は保持したまま永らえていくであろう。

目次

  • 序章 音声と文字—用語の規定
  • 第1章 奈良時代・平安時代の文字と音—万葉仮名と平がな・カタカナ
  • 第2章 奈良時代の語—人称代名詞・指示代名詞と助詞「ガ」「ノ」
  • 第3章 古代語から近代語への変化—格助詞・接続表現・活用・係助詞
  • 第4章 近代語の形成とこれからの日本語—江戸時代の言葉、明治以後の言語政策、現代の課題
  • 終章 日本語の変化と変わらないもの

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65131879
  • ISBN
    • 4623039064
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    ix, 315p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ