書誌事項

戦時下アジアの日本経済団体

柳沢遊, 木村健二編著

日本経済評論社, 2004.2

タイトル読み

センジカ アジア ノ ニホン ケイザイ ダンタイ

大学図書館所蔵 件 / 140

収録内容

  • 序章 / 柳沢遊, 木村健二 [執筆]
  • 商工会議所の機構改革と商工経済界の活動 / 須永徳武 [執筆]
  • 台北商工会議所の設立と展開過程 / 波形昭一 [執筆]
  • 朝鮮における経済統制の進行と経済団体 : 清津商工会議所を中心として / 木村健二 [執筆]
  • 大連商工会議所から関東州経済会へ / 柳沢遊 [執筆]
  • 奉天商工公会の設立とその活動 / 塚瀬進 [執筆]
  • 華北経済の膨張と天津日本商工会議所の機構改革 / 幸野保典 [執筆]
  • 日本占領下の上海日本商工会議所 / 山村睦夫 [執筆]
  • 南洋群島経済の戦時化と南洋興発株式会社 / 今泉裕美子 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

日中戦争期から太平洋戦争期に、軍や政府機関と連携しながら果たした役割とは。「円ブロック」地域の日本人経済勢力が直面した課題と矛盾を明らかにする。

目次

  • 第1章 商工会議所の機構改革と商工経済会の活動
  • 第2章 台北商工会議所の設立と展開過程
  • 第3章 朝鮮における経済統制の進行と経済団体—清津商工会議所を中心として
  • 第4章 大連商工会議所から関東州経済会へ
  • 第5章 奉天商工公会の設立とその活動
  • 第6章 華北経済の膨脹と天津日本商工会議所の機構改革
  • 第7章 日本占領下の上海日本商工会議所
  • 第8章 南洋群島経済の戦時化と南洋興発株式会社

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ