死を生きながら : イスラエル1993-2003

書誌事項

死を生きながら : イスラエル1993-2003

デイヴィッド・グロスマン [著] ; 二木麻里訳

みすず書房, 2004.4

タイトル別名

Death as a way of life : Israel ten years after Oslo

タイトル読み

シ オ イキナガラ : イスラエル 1993 2003

大学図書館所蔵 件 / 145

注記

略年譜: p277-282

内容説明・目次

内容説明

イスラエルとパレスチナ、二つの民族が一つの大地に共存することはできないのだろうか。本書は、エルサレム在住の作家が、この十年余をつぶさに観察した現場報告を中心にしている。1993年のオスロ合意調印からラビン暗殺、第二次インティファーダ、シャロン復活、9・11、イラク戦争、ロードマップ、2003年12月まで。リアルかつ希望を失わない41の文章は、かの地で起こっている現実を目の当たりにさせてくれる。

目次

  • オスロ合意調印—突然、人間的な接触が実現した(一九九三年九月)
  • カイロ合意とアラファトの帰還(一九九四年六月)
  • ホロコーストの記憶をはこぶ伝書鳩(一九九五年一月)
  • 第二オスロ合意—イスラエルへの疑問(一九九五年四月)
  • ラビン首相暗殺(一九九五年十一月)
  • 自爆テロのはじまり(一九九六年三月)
  • 会談に臨むネタニヤフ首相へ(一九九六年十月)
  • マハネ・イェフダ市場の連続自爆テロ(一九九七年七月)
  • 人生は誰のもの(一九九八年九月)
  • バラク首相のイスラエル・パレスチナ合意(一九九九年九月)〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ