ゲノム敗北 : 知財立国日本が危ない!

書誌事項

ゲノム敗北 : 知財立国日本が危ない!

岸宣仁著

ダイヤモンド社, 2004.9

タイトル読み

ゲノム ハイボク : チザイ リッコク ニホン ガ アブナイ

大学図書館所蔵 件 / 142

注記

ゲノム解読、および知的財産政策の歴史: p370-373

主要参考文献: p374

内容説明・目次

内容説明

「人類が手にしたもっとも重要な地図」—ヒトゲノム解読の完了に、米国大統領は最大の賛辞を贈った。しかし、国際チームで取り組んだはずの、このプロジェクトにおける日本の貢献は、わずか6パーセントにとどまった。その背景には、類まれな先見性と独創性を持つ異能たちを潰し続けた、日本の特異なシステムがあった。「日本人に独創性がないのではなく、日本という国に独創性の芽を摘んでしまう風土がある」魂の叫びにも似たこの悔恨こそ、知財立国を標榜する日本への痛烈な警告である。

目次

  • プロローグ 国際ヒトゲノム計画成功の陰に
  • 第1部 痛恨
  • 第2部 負の構造
  • 第3部 胎動
  • 第4部 教訓
  • エピローグ 偉大なる奇人、変人、和田昭允の遺産

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ