書誌事項

私の神保町

紀田順一郎著

晶文社, 2004.10

タイトル別名

私の神保町

タイトル読み

ワタシ ノ ジンボウチョウ

大学図書館所蔵 件 / 96

内容説明・目次

内容説明

「屋並屋並に金文字飾り」(神田小唄)神保町の町名の由来は、江戸時代、この地区に広大な屋敷を構えていた神保伯耆守に因むもので、明治になって市区改正が施され、最初の古書店・高山書店が誕生する。創業者は有馬藩の弓師だった。ついで有史閣(のちの有斐閣)、三省堂などが開店し、明治18年頃には神保町から小川町にかけて約50軒の書籍業者が営業していたといわれる。この地域は、近代日本を担う教育機関が集中していたところで、全国から優秀な学生たちが集まってきたので、勉学のための書籍のリサイクル・システムが成立したという。そんな街にうもれ、語りつがれてきた記憶と、一愛書家の自分史を重ねながら、神田古書街・神保町の戦後の隆盛、現在立ち至っている苦境を、愛惜を込めてつづる。

目次

  • 1 古書ファンが愛した街
  • 2 わが青春の神保町
  • 3 神田古書街の記憶
  • 4 本をめぐる本の話
  • 5 本に恋した人たち
  • 6 変わりゆく神保町

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69089504
  • ISBN
    • 4794966261
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    257p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ