基盤的方法から応答曲面法, タグチメソッド, 最適計画まで

書誌事項

基盤的方法から応答曲面法, タグチメソッド, 最適計画まで

山田秀著

(実験計画法 / 山田秀著, 方法編)

日科技連出版社, 2004.9

タイトル別名

基盤的方法から応答曲面法タグチメソッド最適計画まで

タイトル読み

キバンテキ ホウホウ カラ オウトウ キョクメンホウ タグチ メソッド サイテキ ケイカク マデ

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

参考文献: p273-279

内容説明・目次

目次

  • 実験計画法の役割と概要
  • 1因子完全無作為化要因計画(質的因子の場合;量的因子の場合)
  • 多因子完全無作為化要因計画
  • 2水準の一部実施要因計画
  • 種々の一部実施要因計画
  • ブロック因子を導入した計画—乱塊法
  • 分割実験
  • 応答曲面の解析法
  • 応答曲面推定のための計画
  • パラメータ設計
  • 最適計画
  • 実験計画に関するいくつかのトピック

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69142855
  • ISBN
    • 9784817103895
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiv, 293p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ