実践プロジェクトマネジメント : 危機を乗り越える25の決断

書誌事項

実践プロジェクトマネジメント : 危機を乗り越える25の決断

岡村正司著 ; 日経コンピュータ編集編

日経BP社 , 日経BP出版センター(発売), 2004.9

タイトル読み

ジッセン プロジェクト マネジメント : キキ オ ノリコエル 25 ノ ケツダン

大学図書館所蔵 件 / 29

内容説明・目次

内容説明

JAL/JAS統合など数々のビッグプロジェクトを成功させたトップ・プロジェクトマネジャの判断基準とは。システム開発における意思決定の瞬間を25の場面で疑似体験する。

目次

  • 概要 30年のプロジェクト経験で得たノウハウを次世代に伝えたい
  • 支援契約と請負契約の判断—作業内容や実力を考慮して契約方式を決断する
  • 開発規模見積もりの判断—複数の手法を利用して開発規模を的確に見積もる
  • マスター・スケジュールの作成—軽視すれば失敗する、WBSに基づき作成
  • ソフトウエア・エンジニアリング選択のリスク判断—コスト決めるSWE手法を間違いなく選択する
  • 開発環境構築の判断—メンバーの能力を生かす開発環境を構築する
  • 要件定義遅延時の判断—要件定義が遅れたらまず業務仕様を固めよ
  • プロジェクト・メンバーの入れ替え—ときには苦渋の決断を下すメンバーの入れ替え
  • 外部設計の品質リスクへの対応—機能や性能を再確認、品質低下のリスクに備える
  • コスト・オーバーラン発生の兆候—コスト超過を見極める能力は一人前のマネジャの条件〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ