古代国家と瀬戸内海交通

書誌事項

古代国家と瀬戸内海交通

松原弘宣著

吉川弘文館, 2004.12

タイトル読み

コダイ コッカ ト セトナイカイ コウツウ

大学図書館所蔵 件 / 119

内容説明・目次

内容説明

瀬戸内海地域の支配は対外交通権の確保・維持のために不可欠であった。前方後円墳と津の立地場所、海賊問題などを探り、瀬戸内海交通の実態と特質を解明。古代国家の成立過程を瀬戸内海交通の掌握という視点から描く。

目次

  • 古代水上交通研究の現状と課題—瀬戸内海交通を中心に
  • 第1部 畿内王権と瀬戸内海交通(大化前代の瀬戸内海交通;播磨灘交通圏の成立と展開;古代瀬戸内海の津・泊・船瀬)
  • 第2部 律令国家と瀬戸内海交通(律令国家の海上交通体系について;国司の船旅;天平八年の遣新羅使の船旅;八世紀における瀬戸内海運漕の諸様相;地域交易圏と水上交通—周防灘と伊予灘を中心にして;水上交通の検察システムについて;海賊と応天門の変;九世紀における対外交易とその流通)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ