ニュージーランドの子育てに学ぶ : 親に優しいスロー保育の伝統と現状

書誌事項

ニュージーランドの子育てに学ぶ : 親に優しいスロー保育の伝統と現状

松川由紀子著

小学館, 2004.11

タイトル読み

ニュージーランド ノ コソダテ ニ マナブ : オヤ ニ ヤサシイ スロー ホイク ノ デントウ ト ゲンジョウ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

参考図書・引用文献一覧: p165-167

内容説明・目次

内容説明

子育てサークル、子育て広場、子育て支援センター、幼稚園・保育園の預かり保育…。全国各地でいろいろな子育て支援活動が展開されています。その活動の中で親を育てるメニューはあるでしょうか。育児に困ったとき、いつでも相談できる環境になっているでしょうか。親は子どもを育てていく中で親になり、子どもと一緒に成長していくものです。本書は、著者がニュージーランドの子育て・保育現場を視察した長年の経験をとおして子どもも親も、そして保育者も育ち合う子育て支援とはを考えます。

目次

  • 第1章 歩いて見た、ニュージーランドの子育て支援&保育現場(もう一つの家庭、オークランドのファミリーセンター;実演と説明で無理なく子育てノウハウを伝えるパフトプログラム ほか)
  • 第2章 ニュージーランドの子育て支援とは(子育て支援100年の歴史、すべてはプランケット協会から始まった;育児力をアップさせるパフトプログラム)
  • 第3章 ニュージーランドの保育機関とその子育て支援(孤独な親子をなくす—プレイグループ;保育も運営も親が担う—プレイセンター ほか)
  • 第4章 ニュージーランドの保育から日本の保育に何をいかすか(「お休みなさい」と手を差し伸べる環境が豊かですか?;最初は親も0歳児、子どもと一緒に大きくなろう ほか)
  • 補章 特別寄稿「親支援・保育政策への取り組み」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ