食品安全性の経済評価 : 表明選好法による接近

書誌事項

食品安全性の経済評価 : 表明選好法による接近

澤田学編著

農林統計協会, 2004.11

タイトル別名

Valuing food safety : stated preference methods approach

タイトル読み

ショクヒン アンゼンセイ ノ ケイザイ ヒョウカ : ヒョウメイ センコウホウ ニヨル セッキン

大学図書館所蔵 件 / 135

注記

執筆者: 澤田学, 岩本博幸, 佐藤和夫 [ほか]

参考文献あり

内容説明・目次

目次

  • 序章 本書の課題と構成
  • 第1章 消費者の牛乳選択行動における鮮度・安全性・グリーン購入志向のコンジョイント分析
  • 第2章 地場畜産物に対する消費者ニーズの表明選好分析—ランダムパラメータ・ランク・ロジットモデルの適用
  • 第3章 選択実験による生鮮野菜のトレーサビリティ機能の消費者評価
  • 第4章 BSEと食品安全性に関する消費者の知識と態度および牛肉選択行動の統合分析
  • 第5章 食品の信用属性表示の経済価値—遺伝子組換え枝豆の経済価値評価
  • 第6章 遺伝子組換え食品における健康リスクの経済評価
  • 第7章 牛肉のトレーサビリティに対する消費者評価
  • 第8章 競り実験を用いたサルモネラ・フリー鶏卵に対する支払意志額の推計

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69758896
  • ISBN
    • 4541032082
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 224p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ