「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか

書誌事項

「頭がいい人」は脳をどう鍛えたか

保坂隆編著

(中公新書ラクレ, 167)

中央公論新社, 2005.2

タイトル別名

頭がいい人は脳をどう鍛えたか

タイトル読み

アタマ ガ イイ ヒト ワ ノウ オ ドウ キタエタカ

大学図書館所蔵 件 / 77

注記

参考図書: p221-222

内容説明・目次

内容説明

脳は筋肉と同じく、鍛えれば鍛えただけ元気に活動する臓器なのだ—。マッピングなど最新の研究成果を基に、精神科学の専門教授が厳選して伝授する、脳をみがくための70の方法。

目次

  • 序章 脳は無限に進化する可能性がある
  • 第1章 脳を若々しく保つ14の方法
  • 第2章 脳をみがいて、勉強・仕事の効率を上げる15の方法
  • 第3章 脳をみがく、食と睡眠に関する14の方法
  • 第4章 右脳と左脳を使い分ける12の方法
  • 第5章 五感を動員して脳をみがく15の方法

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA70758918
  • ISBN
    • 4121501675
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ