テクノリテラシーとは何か : 巨大事故を読む技術

書誌事項

テクノリテラシーとは何か : 巨大事故を読む技術

齊藤了文著

(講談社選書メチエ, 323)

講談社, 2005.2

タイトル別名

テクノリテラシーとは何か : 巨大事故を読む技術

タイトル読み

テクノリテラシー トワ ナニ カ : キョダイ ジコ オ ヨム ギジュツ

大学図書館所蔵 件 / 213

内容説明・目次

内容説明

巨大事故から学び取ることは何なのか。原発、飛行機事故から頻発する医療ミス、銀行のシステムトラブルまで。従来の哲学、法制度では解決できない「人工物」をめぐる問題群。失敗の本質を解き明かし、“ものづくりの知”の姿を明らかにする一冊。

目次

  • プロローグ テクノロジーを読み書きする力
  • 事故とエンジニアという問題領域
  • 第1部 人工物が生まれるとき(コメット空中分解事故—事故調査と新規開発;サリドマイド—新薬の開発と副作用のリスク)
  • 第2部 人工物の成熟期(ピント車追突事故—人工物の安全性と製造物責任;スリーマイル島原発事故—ヒューマンファクター;慈恵医大青戸病院医療事故—専門家の位置づけとリスクマネジメント ほか)
  • 第3部 人工物の衰退期(新幹線トンネル崩落事故—施工管理と維持管理;ボパール=産業事故の起きた町—管理の時間的・空間的拡がり)
  • エピローグ エンジニアの目

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA70891248
  • ISBN
    • 4062583232
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    262p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ