日常診療にすぐに使える臨床統計学

書誌事項

日常診療にすぐに使える臨床統計学

能登洋著

羊土社, 2005.5

タイトル別名

臨床統計学 : 日常診療にすぐに使える

タイトル読み

ニチジョウ シンリョウ ニ スグ ニ ツカエル リンショウ トウケイガク

大学図書館所蔵 件 / 124

注記

厳選参考図書・URL: p193

内容説明・目次

内容説明

入門編—臨床での活用に向けて必要な、統計学の基礎用語や概念を中心に解説。実践編—文献の読み方やEBMへの応用を重視した、統計学実践のための解説。ケーススタディ—具体的なEBMの実践例、活用事例を紹介し、臨床での統計学の使い方がすぐにわかる。

目次

  • 入門編(総論;病因・危険因子;観測値;診断・スクリーニング;治療・予後)
  • 実践編
  • ケーススタディ(病因・危険因子、予後—心血管疾患の危険因子としてのCRP(C反応タンパク)値;診断、スクリーニング—CTによる仮想下部内視鏡;治療—女性ホルモン補充療法による心血管疾患予防効果)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72050981
  • ISBN
    • 4897066948
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    196p
  • 大きさ
    26cm
  • 件名
ページトップへ