書誌事項

現代ファイナンス理論

野口悠紀雄, 藤井眞理子著

東洋経済新報社, 2005.6

タイトル読み

ゲンダイ ファイナンス リロン

大学図書館所蔵 件 / 138

注記

参考文献: p233-237

内容説明・目次

内容説明

本書は、現代的ファイナンス理論のうち、とくに資産の価格付け理論にかかわる部分に焦点をあてて論じている。現代的な価格付け理論においては、「確率的割引ファクター」という概念が用いられる。確率的割引ファクターの値が知られているなら、それを用いてあらゆる資産の価格付けが統一的にできる。本書は、確率的割引ファクターを用いる価格付け理論の最新の展開を踏まえている。相対的価格付け理論、絶対的価格付け理論を論じ、「直交分解」の概念を用いて収益率を構成するさまざまな要素を概念的に明確に区別して把握する。

目次

  • 1 不確実性下の経済モデル
  • 2 ファイナンス理論の伝統的アプローチ:平均・分散フロンティアとベータ価格式
  • 3 資産市場の理論
  • 4 ファイナンス理論の基本定理と相対的価格付け
  • 5 消費ベース・モデルによる絶対的価格付け
  • 6 資産収益率の直交分解と平均・分散フロンティア
  • 7 価格と収益率に関する一層の考察
  • 数学解説編

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72247807
  • ISBN
    • 4492653317
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 242p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ