コンピュータを「着る」時代

書誌事項

コンピュータを「着る」時代

板生清著

(文春新書, 446)

文藝春秋, 2005.6

タイトル別名

コンピュータを着る時代

タイトル読み

コンピュータ オ キル ジダイ

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

内容説明

「身に着けるコンピュータ」が私たちの世界を変えようとしている。たとえば衣服やメガネ、シューズなどに装着すれば、健康状態を監視して自動的に異常を医療機関に知らせてくれるし、徘徊するお年寄りなら居場所が分かり、運転手が着ければ居眠り運転を防げる。更には鳥インフルエンザ対策で渡り鳥の動きを追跡したり、農作物の状況を把握したり…。医療、防犯、防災、家電、交通、物流、農業、環境など多くの分野での活躍は確実なのだ。著者は実用化のための研究・開発に取り組む本邦第一人者。本書では現在進行形の楽しいビジョンを分かりやすく説いている。

目次

  • 1 ウェアラブルの時代
  • 2 コンピュータをドレイにする
  • 3 生命と健康のために
  • 4 環境をまもるシステム
  • 5 技術の福音
  • 6 絵にかいた餅ではない
  • おわりに—ネイチャーインタフェイスとは何か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ