書誌事項

熊野三山と熊野別当

阪本敏行著

清文堂出版, 2005.8

タイトル読み

クマノ サンザン ト クマノ ベットウ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

布装

内容説明・目次

内容説明

従来看過されがちだった熊野別当とその一族の姿を通じ、新たな熊野三山史を描き出す。

目次

  • 熊野三山・熊野別当家研究史と本書の構成
  • 第1部 熊野三山の統括組織(中世前期の熊野三山統括組織の実態とその変遷;中世後期の熊野那智一山組織の実態と変遷—両執行職をめぐって;熊野那智の一山組織と米良氏・川関遺跡・藤倉城;熊野那智大社社僧の系譜—『熊野那智大社文書』などを典拠として;熊野三山大仏師良円と西大寺教団の動向)
  • 第2部 熊野別当家の政治的役割とその展開(十二世紀前半の熊野別当家をめぐる諸情勢—『僧綱補任』の熊野関係記事を中心にして;熊野別当家嫡子・庶子家分立による在地支配の確立—三男流の長兼家による富田川中流域支配の実態;熊野別当湛快の生涯とその時代;源平争乱期における熊野別当家の人々の動向—「僧綱補任残欠」寿永三年の熊野関係の記事をめぐって;寿永二年・三年における熊野別当家関係者と周辺の人々—『僧綱補任』宮内庁書陵部蔵本を中心にして ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA73443243
  • ISBN
    • 4792405874
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    大阪
  • ページ数/冊数
    x, 463, 15p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ