リゲティ、ベリオ、ブーレーズ : 前衛の終焉と現代音楽のゆくえ

書誌事項

リゲティ、ベリオ、ブーレーズ : 前衛の終焉と現代音楽のゆくえ

沼野雄司著

音楽之友社, 2005.9

タイトル別名

Ligeti, Berio, Boulez

1970年前後における前衛音楽の様式転換に関する分析的研究 : リゲティ、ベリオ、ブーレーズを中心にして

リゲティベリオブーレーズ

タイトル読み

リゲティ ベリオ ブーレーズ : ゼンエイ ノ シュウエン ト ゲンダイ オンガク ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 65

注記

博士論文「1970年前後における前衛音楽の様式転換に関する分析的研究 : リゲティ、ベリオ、ブーレーズを中心にして」(東京芸術大学, 1999年) に加筆・訂正を加えたもの

参考文献表: p177-188

内容説明・目次

内容説明

第二次大戦後から21世紀まで、現代音楽をリードし続けた3人の作曲家—彼らの作品を、豊富な譜例とともにたどりながら、1970年前後、彼らがなぜ軌を一にして調性や旋律、拍節などへ回帰したのか、そして前衛がなぜ終焉を迎えたのかを明らかにする。気鋭の音楽学者による画期的な研究。

目次

  • 第1章 音楽様式としての前衛(前衛とモダニズムの概念;音楽史における前衛 ほか)
  • 第2章 記譜法の変化と演奏の現場への志向(前衛音楽における記譜法の性格;リゲティの作品における記譜法の変化 ほか)
  • 第3章 反復の増加と拍節運動の復帰(前衛音楽と反復;反復の諸形態 ほか)
  • 第4章 調性要素と旋律の増加(前衛音楽における音高とテクスチュア;3人の作曲家にみる前衛様式 ほか)
  • 補章 現代音楽のゆくえ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ