満州国皇帝の秘録 : ラストエンペラーと「厳秘会見録」の謎

書誌事項

満州国皇帝の秘録 : ラストエンペラーと「厳秘会見録」の謎

中田整一著

幻戯書房, 2005.9

タイトル別名

満州国皇帝の秘録 : ラストエンペラーと厳秘会見録の謎

タイトル読み

マンシュウコク コウテイ ノ ヒロク : ラスト エンペラー ト ゲンピ カイケンロク ノ ナゾ

大学図書館所蔵 件 / 140

注記

主要参考文献: p327-328

関連略年表: p329-335

内容説明・目次

内容説明

紀州の旧家の土蔵に眠っていた膨大な文書。それは、皇帝溥儀と関東軍司令官らとの496回にもおよぶ密室での会談記録だった。満州国崩壊から60年を経て、極秘文書が浮彫りにする「人造国家」の驚くべき内実。

目次

  • 「厳秘会見録」との遭遇
  • 満州国の誕生前夜
  • 「日満議定書」調印の舞台裏
  • 小春日和の溥儀執政時代
  • 砂嵐の中の皇帝即位式
  • 訪日で遠のいた「清朝復辟」
  • 「帝室御用掛」吉岡安直
  • 傀儡国家の内実
  • 浮上した世継ぎ問題
  • 帝位継承をめぐる密約
  • 日中戦争に揺れる満州国
  • 一九三八年、「厳秘会見録」の終焉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ