書誌事項

途上国社会の現在 : 国家・開発・市民社会

松下冽編 ; 井出文紀 [ほか執筆]

法律文化社, 2006.2

タイトル別名

途上国社会の現在 : 国家開発市民社会

タイトル読み

トジョウコク シャカイ ノ ゲンザイ : コッカ カイハツ シミン シャカイ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

参考文献: 章末

収録内容

  • アジアにおける「国家と企業」 : 産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって / 井出文紀 [執筆]
  • 改革解放時代の中国 : 「国家」と「市場」の関係 / 下野寿子 [執筆]
  • NAFTAとメキシコ社会の変化 / ビクトル・ロペス・ビジャファーニェ [執筆]
  • 途上国における軍の役割 : フィリピンにおける国軍の政治関与の諸相 / 山根健至 [執筆]
  • 民主化時代のインドネシアにおける国家暴力の変容 / 本名純 [執筆]
  • 中東政治におけるイスラーム主義運動の位置 : 多様化・多極化する方向性 / 吉川卓郎 [執筆]
  • 韓国における市民社会と公共圏 : デジタル・デモクラシーの射程 / 文京洙 [執筆]
  • 途上国の子どもをめぐる危機と「子ども参加」の実践 : インドの事例をもとに / 中根智子 [執筆]
  • 交錯するエスニシティとネイション : 中央アメリカの先住民運動を例に / 小澤卓也 [執筆]
  • ラテンアメリカにおける都市遺産の保護と復興 : 90年代に開花した新たな「官-民」管理モデルに向けて / イグナシオ・アリスティムニョ [執筆]
  • 華人ネットワークと中国僑郷の事例研究 : 「福州」新移民の動向と僑郷の変容について / 小木裕文 [執筆]
  • 国連の民主化政策及びアフリカの人権 / 龍澤邦彦 [執筆]
  • 帝国の逆襲 : グローバルな世界の南側におけるグローバリゼーション, テロとの戦い, そして人間の安全保障 (の欠如) / ジョルジョ・シャーニー [執筆]

内容説明・目次

目次

  • 発展途上国の現在と可能性
  • 第1部 国家と開発(アジアにおける「国家と企業」—産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって;改革開放時代の中国—「国家」と「市場」の関係 ほか)
  • 第2部 国家と社会(途上国における軍の役割—フィリピンにおける国軍の政治関与の諸相;民主化時代のインドネシアにおける国家暴力の変容 ほか)
  • 第3部 躍動する市民社会(韓国における市民社会と公共圏—デジタル・デモクラシーの射程;途上国の子どもをめぐる危機と「子ども参加」の実践—インドの事例をもとに ほか)
  • 第4部 グローバル化と対峙する途上国(華人ネットワークと中国僑郷の事例研究—「福州」新移民の動向と僑郷の変容について;国連の民主化政策及びアフリカの人権 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ