積分と函数解析 : 実函数から多価函数へ

書誌事項

積分と函数解析 : 実函数から多価函数へ

丸山徹著

シュプリンガー・フェアラーク東京, 2006.1

タイトル読み

セキブン ト カンスウ カイセキ : ジツカンスウ カラ タカ カンスウ エ

大学図書館所蔵 件 / 117

注記

参考文献: p[515]-521

内容説明・目次

内容説明

測度と積分の理論は、現代の解析学を支える大きな磁石のひとつである。本書ではまずその基本事項を、函数解析学との接点とともに丁寧に解説する。さらに解析学のいくつかの特殊な主題—可積分函数空間の弱位相、可積分函数の空間上で定義される非線形積分作用素の連続性、確率測度の作る空間の弱位相、多価函数の可測性とその積分—などについて詳述する。

目次

  • 第1部 測度と積分(測度;可測函数;積分;測度としての積分;R1上の積分)
  • 第2部 函数空間(可積分函数の空間;L1における弱コンパクト性と非線形積分汎函数の連続性;連続函数空間の双対と確率測度の*弱収束;Bochner積分とベクトル測度)
  • 第3部 多価函数(位相数学からの準備;可測多価写像の理論;多価写像の積分)
  • 付論(位相空間;函数解析)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75590522
  • ISBN
    • 4431711872
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 531p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ