書誌事項

バロック音楽

皆川達夫 [著]

(講談社学術文庫, [1752])

講談社, 2006.3

タイトル読み

バロック オンガク

大学図書館所蔵 件 / 206

注記

原本『バロック音楽』(講談社現代新書 1972.11刊)を改訂したもの

バロック音楽史小辞典: p302-321

バロック音楽史年表: p322-329

内容説明・目次

内容説明

名曲の数々、音楽の花園、実り豊かなバロックの世界。装飾的で即興性を重視、ドラマの原理が支配する宇宙。モンテヴェルディのオペラ、ヴィヴァルディのソナタ、クープランのクラヴサン曲、バッハのカンタータ。華やかな宮廷舞曲や多様な世俗器楽や厳かな宗教音楽。音楽ファンを虜にするバロック音楽とはどんなものか。その特徴と魅力をあまさず綴る古楽への本格的な案内書。

目次

  • バロック音楽との出会い
  • 1 ヨーロッパ音楽の流れ
  • 2 バロック音楽の魅力
  • 3 楽器が語るバロック音楽
  • 4 オペラと宗教音楽—イタリアの音楽音楽
  • 5 新しい様式を求めて—イタリアの器楽音楽
  • 6 優雅な宮廷音楽—フランス
  • 7 革命と音楽の運命—イギリス・スペイン
  • 8 「音楽の国」の誕生—ドイツ
  • 9 バロック音楽の大成—バッハとヘンデル
  • バロック音楽と日本人—結び

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA75995513
  • ISBN
    • 9784061597525
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    345p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ