ユトレヒト詩篇挿絵研究 : 言葉の織りなしたイメージをめぐって

書誌事項

ユトレヒト詩篇挿絵研究 : 言葉の織りなしたイメージをめぐって

鼓みどり著

中央公論美術出版, 2006.2

タイトル読み

ユトレヒト シヘン サシエ ケンキュウ : コトバ ノ オリナシタ イメージ オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 61

注記

博士論文 (名古屋大学, 2004年) を刊行したもの

参考文献: p471-524

内容説明・目次

目次

  • 『ユトレヒト詩篇』挿絵研究の成果と課題
  • 『ユトレヒト詩篇』挿絵における言葉の絵画化
  • 比喩の絵画化と擬人像の役割をめぐって
  • 『シュトゥットガルト詩篇』挿絵のリテラリスム
  • 『ハーレー603番詩篇』後半部におけるアングロ・サクソンの創造性
  • 『セント・オールバンス詩篇』の物語イニシャルについて
  • テクスチュアルな詩篇挿絵のイメージ変換について
  • 『ユトレヒト詩篇』挿絵を構築する原理
  • 発想の源泉としての古代絵画
  • 『ユトレヒト詩篇』のカンティクム挿絵におけるキリスト論図像について
  • カロリング朝美術における『ユトレヒト詩篇』挿絵の波紋

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ