書誌事項

世界がわかる宗教社会学入門

橋爪大三郎著

(ちくま文庫, [は-34-1])

筑摩書房, 2006.5

タイトル読み

セカイ ガ ワカル シュウキョウ シャカイガク ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 110

注記

2001年6月筑摩書房より刊行された

宗教社会学関連年表: p286-292

参考文献: 講義末

内容説明・目次

内容説明

宗教なんてうさんくさい。うっかりハマったら怖い。だから近づかない。多くの日本人はそう思っている。だけど、どんな国でも地域でも、宗教はすっかり日常に溶け込んでいる。文化や価値観の骨格であり、それゆえ紛争のタネにもなる。宗教を知らなければ、世界の人びとを理解することはできないのだ。この本では、世界の宗教を理解するための基礎中の基礎を紹介。「人類の叡智としての宗教」のエッセンスが詰まった、小さいながら充実の入門書。

目次

  • 宗教とはなにか
  • 宗教社会学とはなにか
  • ユダヤ教とはなにか—契約と律法
  • キリスト教とはなにか—福音と愛の思想
  • 宗教改革とはなにか—ルターとカルヴァン
  • イスラム教とはなにか—ウンマとイスラム法
  • 初期仏教とはなにか—サンガの思想
  • 大乗仏教とはなにか—菩薩・般若・極楽浄土
  • 中国と日本の仏教—仏教の伝播と変容
  • 儒教とはなにか—孔孟の思想・朱子学
  • 尊皇攘夷とはなにか—山崎闇斎学派と水戸学
  • 再び宗教を考える

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7677532X
  • ISBN
    • 4480422277
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    308p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ