実践メカトロニクス入門

書誌事項

実践メカトロニクス入門

武藤一夫著

オーム社, 2006.6

タイトル別名

Introduction to mechatronics

メカトロニクス入門 : 実践

タイトル読み

ジッセン メカトロニクス ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

参考文献: p210

内容説明・目次

内容説明

本書では、メカトロニクス技術を構成する必須の6要素としてコントロール技術、センサ技術、アクチュエータ技術、インターフェース技術、ソフトウェア技術、ネットワーク技術について着目して、平易に解説している。具体的には、メカトロニクスという言葉はメカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電子工学)とが合体してできた和製英語ですよ。という平易な内容からスタートし、その技術要素、背景、歴史を踏まえ、現場の機械、化学分野の技術者の皆さんに役立つ、即戦力の補助になる実践書を目的に作成されている。

目次

  • 1章 メカトロニクスとは
  • 2章 マイコンはメカトロニクスの立役者
  • 3章 メカトロニクスのハードウェア技術
  • 4章 メカトロニクスのインターフェース技術
  • 5章 メカトロニクスのソフトウェア技術
  • 6章 ロボットとCNC技術

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7739287X
  • ISBN
    • 4274202542
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 218p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ